シミウスを併用

 

マッサージは「顔」だけでなく「手の甲」も!

 

1位:手の甲2位:首3位:髪上に書いてあるランキングは、「年齢を感じる体のパーツ」というアンケートの結果です。

 

意外にも「顔」はランクインしていません。

 

なぜでしょうか。

 

それは、「顔」という部分はしっかりお手入れを行う部分であり、さらに、メイクで実年齢より若く見える部分だからです。

 

その結果、「顔」以外の部分、つまりお手入れがあまり行われていない他の部分で、如実に年齢を感じるという事になります。

 

その中でも1位の「手の甲」ですが、服では日差しから隠すことができませんし、水仕事などで荒れやすい部分です。

 

「顔」と比較するとシミ・シワが特に多くなりやすい部分です。

 

ということは、「顔」のお手入れをしっかり行うほど、「顔は若いのに手の甲は・・・」となり、相手に「老けている」という印象を与えることになってしまいます。

 

では、相手に「老けている」印象を与えないためにどうすればよいのか。

 

とてもカンタンです。

 

「手の甲」もしっかりお手入れを行えば良いだけです。

 

シミウスジェルで顔のマッサージをする際、手の甲も併せて行えば良いんです。

 

例えば、朝は時間が少ないかもしれませんが、顔のマッサージ後、手のひらに残っているシミウスジェルをそのまま手の甲に伸ばします。

 

夜の場合は時間が充分にありますので、こちらは顔のマッサージ後、ジェルを少し追加し、ハンドマッサージを行うようにします。

 

これだけでも、まず乾燥はすぐに解消されます。

 

「顔」だけでなく「手の甲」のお手入れも行う。

 

これだけで「手の甲」から相手に「老けている」という印象を与えることは格段に少なくなると思います。

 

 

付属のスパチュラって必要なの?

 

シミウスジェルには平べったいスパチュラ(へら)が付属しています。

 

化粧品にはよくついているものですが、そんなに重要なものなのかと思ったことはありませんか?実はちゃんとした理由があるのです。

 

何も付属していないと、素手で化粧品をすくいたくなりますよね。

 

ところが、目には見えませんが、人の手にはたくさんの雑菌がいることを見落としてはいけません。

 

手の雑菌は必ず存在しているもので、石鹸で洗っても何をしても完全にはなくなることはありません。

 

普段の生活上では問題なくても、化粧品にとっては不都合なことが起こります。

 

素手で化粧品を直接すくっていると、指から雑菌が移り、繁殖して容器の中が雑菌だらけになります。

 

何も気づかずそのまま使い続けていると、肌荒れなどのトラブルを引き起こすこともあります。

 

それでスパチュラが必要なのです。

 

スパチュラですくえば、容器の中に雑菌を入れずに最後まで清潔に使うことができます。

 

化粧品の一回の使用量などの違いも考慮して、最適な形状のものが付属しています。

 

スパチュラが付属している化粧品は、メーカーがそのあたりの配慮までしっかりしている証拠です。

 

信頼できるメーカーかどうかの判断材料にもなりますね。

 

 

エイジング対策にプラスしたいお手れパーツにもシミウス!

 

活動的なアラフォー世代から、いきいきと人生を謳歌するシニア世代まで…女性はいくつになっても美しくありたいもの。

 

最近は、雑誌やメディアでも「エイジングケア」の特集が人気です。

 

ちなみに、年齢が出てしまいやすいといわれる3大パーツをご存じでしょうか?ズバリ「手の甲」「ネックライン」「髪の毛」なんです。

 

せっかくお顔のお手入れを頑張っていても、こんなパーツから老いを感じさせてしまうなんてショックですよね。

 

今日からでもさっそくお手入れをプラス!「手の甲」や「ネックライン」のために、新たな化粧品を用意しなくても大丈夫!まずは、今お使いいただいているシミウスをお試しください。

 

シミウスは、美白成分とたっぷりのうるおいを肌にとどけるジェルタイプのマッサージ美容液。

 

お顔はもちろん、「手の甲」や「ネックライン」にもお使いいただけます。

 

毎日、シミウスでお顔のマッサージケアをされている方であれば、手に残ったジェルをそのままネックラインや手の甲に伸ばしてください。

 

高い保湿効果で、若い頃のようなキメの細かなしっとり肌を取り戻しましょう!

 

 

パラベンって何?肌に悪いものではないの?

 

穏やかな使い心地のシミウスホワイトニングリフトケアジェル。

 

気になる成分を厳しくチェックしてみましょう!今回は、「指定表示成分」のひとつ、「パラベン」に注目します。

 

「パラベン」は防腐効果があって品質の安定に欠かせない成分。

 

一般的な化粧品などに広く使用されています。

 

「シミウスホワイトニングリフトケアジェル」にも、防腐効果のためごく微量の「パラベン」が添加されています。

 

ちなみに、「指定表示成分」とは、厚生労働省で薬事法に基づいて定められた成分のこと。

 

ごくまれにアレルギー症状などをひきおこす可能性がある成分のため、表示が義務付けられています。

 

そのため、「パラベン」にマイナスイメージを持たれる方は少なくないようです。

 

最近は、そういった顧客向けに「パラベンフリー」を謳った化粧品も増えています。

 

しかし、「パラベン」などの防腐剤を一切使用しない化粧品は、成分が不安定になりがちで傷みやすいというデメリットも…。

 

「パラベン」を避けたために、「指定表示成分」以外の防腐剤が使用されてしまうことも考えられます。

 

ごく微量の「パラベン」を配合し、きちんと「指定表示成分」として記載している「シミウスホワイトニングリフトケアジェル」は安心です。

 

 

忘れていませんか?意外な部位のマッサージとは

 

シミウス ホワイトニングリフトケアジェルでマッサージをする際についつい忘れがちな部位があります。

 

それは耳の裏と首の後ろです。

 

日焼け止めクリームなんかも案外ノーマークな部位ですよね。

 

しかし、これらの部位は意外に日焼けをしてしまう箇所だということをご存じでしょうか。

 

夏は髪をアップにする機会も多いですから日焼けしているんですね。

 

ということでシミウスジェルを使って見えない部位もしっかりとお手入れしていきましょう。

 

お手入れを怠るとシミのできるリスクも高まります。

 

リスクというのはお手入れをせずに乾燥が進み、お肌が炎症を起こすことでシミの元となるメラニンをつくるメラノサイトが刺激されて活性化してしまうことです。

 

メラノサイトが活性化されればどんどんメラニンをつくり出しお肌にシミができてしまいます。

 

そうならないようにシミウスジェルでしっかりと保湿してあげることが大事なんですね。

 

夏の時期はシミウス ホワイトニングリフトケアジェルと日焼け止めクリームのダブル使いでシミを防ぎましょう。

 

 

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ